マハロコム社との業務提携のお知らせ

2016.06.02news

20160602 業務提携のお知らせ(プレスリリース)

 

業務提携のお知らせ

拝啓

初夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、弊社は「Airbnbの空いている日は、貸出して収入を得よう!」をコンセプトに訪日外国人送客サービスを展開する株式会社マハロコム社と新サービスである空き部屋借上げ保証サービス事業で業務提携をいたしました。

これにより、従来の民泊仲介サイトでの集客と併用して、旅行会社からの送客と合わせた集客力が実現します。さらに、マハロコム社による空き部屋借上げ保証により空室リスクの軽減が可能になります。

弊社はこの「空き部屋借上げ保証サービス」を併用して、閑散期などにおける収益低下リスクを軽減し、更なる業務拡大をはかりたいと考えておりますので、 何卒、一層のご支援、お引き立てを賜りますようお願申し上げます。

敬 具

 

さぁ、faminect
のサービスを体験してみましょう

メディア取材実績

空き部屋や空きスペース、空き家を短期宿泊施設として、レンタルすることの出来るサービスです。
Airbnb 日本版は、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、福岡、沖縄、北海道を中心に展開しています。
日本では、2020年の東京五輪招致決定がきっかけとなりairbnbや民泊が注目され始めました。2014年にairbnbへの登録物件数は約8千室でしたが、2017年1月現在、約4万件もの物件が登録されています。
政府は2020年までに年間4,000万人の訪日外国人旅行者数を目標設定しており、民泊は空き部屋対策の有効活用や、今後懸念される宿泊施設の解消策として注目されています。
その一方で、安全面、防犯面に、まだまだ課題があることは間違いありません。
弊社では、ゲストやホストがより安心して民泊活用が出来るように、多言語でのメール代行サービスからトラブルや緊急時の24時間駆け付けサービス、119番通報サポート等の24時間多言語対応サービス、タクシー、レストラン手配などのコンシェルジュサービス等、民泊(airbnb等)運営代行のリーディングカンパニーとしてサービスを追求していきます。