【30名様限定無料招待】民泊EXPOプレミアム2017(東京大田区)に参加いたします。

2017.04.18イベント

2017年04月23日(日)に「大田区産業プラザPiO大展示ホール」にて行われる、
民泊EXPOプレミアム2017へ参加いたします。

2016年5月、2016年11月に東京、大阪で行われた同イベントでは、
民泊関連事業の約40社が出展し、約3000名ものご来場を頂き、弊社ブースも大変ご好評を頂きました。
180日規制を見据えて、簡易宿所型民泊をはじめ、不動産投資・ホテル投資のご相談から、
旅館業申請までのサポート・支援をはじめ、
民泊を初めてみたい方、民泊に興味をお持ちの方、民泊運営代行会社をご検討いただいている方など、
親身になってご相談を承らせて頂ければと存じます。

ぜひ、ご興味のある方は、イベント会場へご来場くださいませ。

また弊社のお問合せページから「民泊EXPOプレミアム無料招待希望」とお問合せ頂ければ、
先着30名様限定で無料招待いたします。

◆お問合せページはこちら

皆様のご来場を、スタッフ一同お待ちしております。

 

イベント詳細


第4弾 民泊EXPOプレミアム2017
https://portal.tomaruyo.com/expo201704

 

<開催の想い>

昨年の6月を皮切りに東京、大阪で計3回開催された「民泊EXPOプレミアム2016」 では、
計40社もの出店事業者と計3,000名以上を超える来場者で大成功のうちに幕を閉じました。
今年度は民泊新法の行方を見守りながら、簡易宿所へのコンバートという新たな流れも出てきており、
その動向についてもキャッチアップする必要があります。

各分野のスペシャリストが様々な視点からアドバイスしたり、
ホストの具体的なケースにも触れながら1日で最新動向とノウハウとネットワークを収集できる
超プレミアムなイベントとなっています。

さぁ、faminect
のサービスを体験してみましょう

メディア取材実績

空き部屋や空きスペース、空き家を短期宿泊施設として、レンタルすることの出来るサービスです。
Airbnb 日本版は、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、福岡、沖縄、北海道を中心に展開しています。
日本では、2020年の東京五輪招致決定がきっかけとなりairbnbや民泊が注目され始めました。2014年にairbnbへの登録物件数は約8千室でしたが、2017年1月現在、約4万件もの物件が登録されています。
政府は2020年までに年間4,000万人の訪日外国人旅行者数を目標設定しており、民泊は空き部屋対策の有効活用や、今後懸念される宿泊施設の解消策として注目されています。
その一方で、安全面、防犯面に、まだまだ課題があることは間違いありません。
弊社では、ゲストやホストがより安心して民泊活用が出来るように、多言語でのメール代行サービスからトラブルや緊急時の24時間駆け付けサービス、119番通報サポート等の24時間多言語対応サービス、タクシー、レストラン手配などのコンシェルジュサービス等、民泊(airbnb等)運営代行のリーディングカンパニーとしてサービスを追求していきます。