【30名様限定無料招待】第2弾 民泊EXPOプレミアム(大阪)に参加いたします。

2016.10.21news

2016年11月01日(火)に大阪産業創造館で行われる「第2弾 民泊EXPOプレミアム」に参加が決定いたしました。

2016年5月に東京で行われた同イベントでは、民泊関連事業の約20社が出店し、弊社ブースも大変ご好評を頂きました。
民泊を初めてみたい方、民泊に興味をお持ちの方、民泊運営代行会社をご検討いただいている方など、ぜひ、ご興味のある方は当日イベント会場へご来場くださいませ。

弊社のお問合せページから「民泊EXPOプレミアム無料招待希望」とお問合せ頂ければ、先着30名様限定で無料招待いたします。

お問合せページはこちら

皆様のご来場を、スタッフ一同お待ちしております。

expobanner

イベントページはこちら
第2弾 民泊EXPOプレミアム2016

開催の想い
6月に東京で日本初開催された「民泊EXPOプレミアム2016」では、20社もの出店事業者と700名を超える来場者で大成功のうちに幕を閉じました。
リオオリンピックも終幕し、いよいよ東京オリンピック2020に向けて更なる訪日観光客が増える中、『民泊』という新たな宿泊のかたちが大注目されています。
しかし課題も多く、不透明な民泊事業について二の足を踏む事業者・個人も多いことからも、「どのようにしたら正しく民泊事業を行うことが出来るのか!?」
その各分野のスペシャリストが様々な視点からアドバイスしてくれる超プレミアムなイベントとなっています。(主催「TOMARUYO」サイトから転載)

 

さぁ、faminect
のサービスを体験してみましょう

メディア取材実績

空き部屋や空きスペース、空き家を短期宿泊施設として、レンタルすることの出来るサービスです。
Airbnb 日本版は、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、福岡、沖縄、北海道を中心に展開しています。
日本では、2020年の東京五輪招致決定がきっかけとなりairbnbや民泊が注目され始めました。2014年にairbnbへの登録物件数は約8千室でしたが、2017年1月現在、約4万件もの物件が登録されています。
政府は2020年までに年間4,000万人の訪日外国人旅行者数を目標設定しており、民泊は空き部屋対策の有効活用や、今後懸念される宿泊施設の解消策として注目されています。
その一方で、安全面、防犯面に、まだまだ課題があることは間違いありません。
弊社では、ゲストやホストがより安心して民泊活用が出来るように、多言語でのメール代行サービスからトラブルや緊急時の24時間駆け付けサービス、119番通報サポート等の24時間多言語対応サービス、タクシー、レストラン手配などのコンシェルジュサービス等、民泊(airbnb等)運営代行のリーディングカンパニーとしてサービスを追求していきます。