支店詳細

大阪支店

ポイント

  • 大阪市において多数の実績アリ!大阪市内での弊社管理物件数約300施設!
  • 転貸可物件紹介から旅館業取得物件(簡易宿泊所)のご紹介まで、幅広くご対応可能!
  • 行政書士の先生とも連携し、特区・旅館業取得のサポートも可能!
  • 民泊に特化したインテリアコーディネートで、高稼働率のお部屋多数!
  • 民泊専門の清掃会社の手配も可能!緊急時の駆付けサポートも対応しております!

支店紹介

大阪市内での民泊運営代行なら、民泊運営代行市場シェアNo.1のファミネクト大阪支店にお任せください!
大阪市内での運用実績多数、特に浪速区、中央区、西区、天王寺区は高稼働のお部屋が多数ございます。
ホストさまの収益最大化にお役立てできるよう、24時間365日、誠心誠意真心込めてご対応させて頂きます。

***********************************************************
<主なサービス内容>
・転貸可物件の紹介から旅館業取得物件(簡易宿泊所)のご紹介
・特区・旅館業取得のご相談
・民泊に特化したインテリアコーディネートのご提案
・民泊専門の清掃会社の手配
・提携プロカメラマンによる撮影手配
***********************************************************
ファミネクトでは、airbnbをはじめ、複数の対応可能サイトへのご掲載を行い、
ホスト様の収益最大化のお手伝いをさせて頂きます。
また、24時間365日の多言語対応でゲスト様の満足度アップにも貢献いたします!
ゲスト様にもホスト様にも喜ばれる、ファミネクトクオリティをお約束致します!!

*********************************************
特区・簡易宿所許可取得のご相談は
ファミネクト大阪支店にお任せください!
*********************************************
宿泊日数の上限がなく、かつ合法的に民泊運用を行うためには、
特区申請または簡易宿所許可申請を取得する必要がございます。
現在弊社では、行政書士の先生方と連携し、
大阪市特区民泊申請や、簡易宿所営業許可申請の取得実績が多数ございます。
合法的に民泊運営を目指されている方、上記許可取得を目指されている方は、
是非弊社までご相談下さいませ。
親身になって、サポートさせていただきます。

【 競争激化の民泊市場で勝ち抜くためには】

********************************************************
他物件との差別化が重要!
民泊に特化したインテリアコーディネートのご提案
********************************************************
民泊代行市場のリーディングカンパニーとして、
民泊に特化したインテリアコーディネートのご提案には自信がございます。
大阪市内だけでも、airbnbへの物件登録数はなんと約12,000件!(2017年4月時点)
競争激化する中で高稼働を目指すためには、airbnb上の多くのライバル物件と差別化を図り、
より多くのゲストの方に目を止めてもらえる「インテリアコーディネート」が非常に重要となってきます。
弊社では、民泊に特化したコーディネーターが、1部屋1部屋丁寧にご提案をさせて頂きます。
上記の掲載写真は、弊社でインテリアコーディネートをご提案させて頂きましたお部屋の一例でございます。
稼働率に悩まれているホスト様、ぜひ弊社にご相談くださいませ!

=============================================================

【 お気軽にご相談ください! 】

現在弊社では、既にairbnbホストをされている方で、下記の様なご相談にも対応しております。

■民泊代行業者に任せているが予約が入らない。稼働率が悪い。
■民泊代行業者の対応が遅く不親切だ。言語対応にも不満。
■airbnb上でのレビューが悪い。スーパーホストになかなかなれない。
■いつも安価な宿泊費設定で思ったより利益が伸びない。赤字になる。
■撤退を考えている。
■清掃のクオリティが悪くairbnbレビューが荒れている。

このようなお悩みをお持ちの方は、是非弊社までご相談くださいませ。

さぁ、faminect
のサービスを体験してみましょう

空き部屋や空きスペース、空き家を短期宿泊施設として、レンタルすることの出来るサービスです。
Airbnb 日本版は、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、福岡、沖縄、北海道を中心に展開しています。
日本では、2020年の東京五輪招致決定がきっかけとなりairbnbや民泊が注目され始めました。2014年にairbnbへの登録物件数は約8千室でしたが、2017年1月現在、約4万件もの物件が登録されています。
政府は2020年までに年間4,000万人の訪日外国人旅行者数を目標設定しており、民泊は空き部屋対策の有効活用や、今後懸念される宿泊施設の解消策として注目されています。
その一方で、安全面、防犯面に、まだまだ課題があることは間違いありません。
弊社では、ゲストやホストがより安心して民泊活用が出来るように、多言語でのメール代行サービスからトラブルや緊急時の24時間駆け付けサービス、119番通報サポート等の24時間多言語対応サービス、タクシー、レストラン手配などのコンシェルジュサービス等、民泊(airbnb等)運営代行のリーディングカンパニーとしてサービスを追求していきます。